Tongue Chair

1960年代にピエール・ポランによってデザインされ、MoMAパーマネントコレクションにも選ばれている舌モチーフのチェア「タンチェア」です。

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください